住まいの情報がつまった間取りの見方

家主の情報

部屋の中や立地条件に関しては、賃貸物件を探すときにかなり慎重にチェックする人も多いのではないでしょうか?
しかしもう一つ見落としがちなチェックポイントとして、家主がどうかということがあります。
実は快適に賃貸物件で暮らすことができるかどうかは、家主の対応によってかなり大きな影響を受ける可能性があります。
家主がきちんと賃貸物件で暮らしている人のことを考えてくれるかどうかをチェックしてみましょう。
たとえば、冬場に暖房が故障してしまったとします。
修理を依頼したところ、業者の方が修理の予約が殺到していて何週間も待たされることもあるかもしれません。
家主の中には、暖房なしではかわいそうだからということで新品をすぐに購入してくれる人もいるでしょう。
また一方で修理できるからということで、待機してもらうという判断を下す人もいるはずです。
快適に賃貸物件で暮らすためには、前者の家主の方がいいですね。
家主のことについて知るには、やはり営業マンに話を聞くのがいいでしょう。
しかし「この物件の家主はどのような人ですか?」とストレートに聞いても、いい人であるかのような回答しかしてこない可能性があります。
そこで「トラブルになっても前の家主は早く対応してくれなかった」のような具体的なエピソードを話して、家主で嫌な思いをしたことを伝えましょう。
そうすると、営業マンも家主のキチンとしている賃貸物件を紹介してくれるはずです。
また具体的な人柄を詳しく説明をしてくれた場合、その家主は本当に信頼できる人であると推定できます。
家主の質問をしてみたところ、あまり具体的な話が出てこなかった、はぐらかすような答え方をした場合には、その家主はあまりお勧めできないと営業マンも思っている可能性が高いです。
このようなところで家主が信用できる人かどうか、頼りになる人かどうかを判断することができます。
ぜひとも営業マンに確認をしておいた方がいいでしょう。

注目の情報