住まいの情報がつまった間取りの見方

注意すべき不動産会社

実際に賃貸物件で暮らすようになってから、いろいろなトラブルが発生する可能性があります。
水漏れが起きる可能性もあれば、カギを忘れてしまって部屋の中に入ることができないというケースもあるかもしれません。
このようなときにきちんと対応をしてくれる不動産会社であれば、もしもの場合でも安心です。
ところが中には、かなりトラブル対応に問題のある不動産会社もありますので注意しましょう。
クレーム対応でも夜間の対応は面倒だと感じる不動産会社も中にはあります。
そうすると、営業時間外の電話は一切受け付けないという姿勢で臨んでくるような業者も中にはあるようです。
テープのメッセージが流れるような対応しかしていないようなケースもあります。
このような不動産会社で賃貸物件を借りると、トラブルになった時にほったらかしにされてしまって、困った事態になってしまう可能性があります。
まず24時間お客さんからのクレームに対応できるようなシステムをとっている不動産会社を選ぶようにしましょう。
一部不動産会社の中には、営業時間外に電話をかけると留守番電話にもならないというところもあるようです。
このような業者で賃貸物件を選ぶことは避けるべきでしょう。
また年中無休の不動産会社で賃貸物件を探したほうが、いつトラブルが発生した場合でも、きちんと対処してくれる可能性は高いといえます。
また通常営業マンと一緒に物件めぐりをする最初に、名刺をもらうと思われます。
もらった名刺の電話番号のところをチェックしてみましょう。
もし電話番号に会社の代表番号以外にも、携帯電話の番号が明記されている場合には、営業時間外でもこのケータイ電話に連絡を入れれば、コンタクトが取れる可能性は高いです。
不動産会社の中には、極力リアルタイムで、お客さんのトラブル処理を行ってくれる姿勢を見せてくれているところもたくさんあります。
そのような業者の仲介で、賃貸物件は借りるように心がけましょう。

注目の情報