住まいの情報がつまった間取りの見方

老舗の不動産会社を探す

不動産会社を設立するために、どれくらいの資金が必要かご存知でしょうか?
実は200万円程度の資金があれば、不動産会社を設立することはできてしまいます。
手軽に会社設立できるところがメリットですが、すぐに倒産してしまう不動産会社も結構あります。
中には会社設立して1年もしないうちに倒産をしてしまう不動産会社もあります。
不動産会社の経営がどうなるかは、賃貸探しをしている皆さんには関係ないことと思っている人もいるかもしれません。
しかし実際には、会社が倒産をすることで皆さんがトラブルに巻き込まれることもあります。
実際賃貸物件を借りた不動産会社が倒産してしまって、家主に水漏れなどのトラブルを訴えても修理をしてくれなくて困っているというケースは決して少なくないのです。
そこで賃貸物件を紹介する不動産会社を選ぶときには、老舗の会社を選ぶことを心がけてください。
老舗であれば、きちんとした経営を続けることに成功をしているわけですから、信頼がおけます。
では老舗の不動産会社かどうかを見分けるにはどうしたらいいのでしょうか?
不動産会社を経営するためには、国土交通大臣もしくは都道府県知事から、宅地建物取引免許証という免許を取得する必要があります。
宅地建物取引免許証を見てみると、数字の羅列が表記されているはずです。
宅地建物取引免許証の免許番号はチラシやホームページなどに必ず掲載されているはずです。
そしてその番号を見てみると、(1)とか(6)といったような番号が書かれていると思われます。
このカッコの中の番号がどのようになっているかをチェックしましょう。
カッコ内の番号は、免許を何度更新したかということを表しています。
宅地建物取引免許証は、5年に1度更新をするルールになっています。
つまり更新回数が多いということは、それだけ開業年数が長い老舗の業者ということになります。
逆に(1)の場合には、まだ更新をしていない新しい不動産会社ということになるわけです。

注目の情報